メルマガ執筆陣

呉 源成(くれ もとなり)

国際ロゴシスト協会認定 マスターロゴシスト

皇紀2637年6月生まれ。起業家、活動家。

飲食業、建設業、不動産業、人材派遣業等様々な業界の中で興した事業は七転び八起き目。

現在は全ての学び、関わりの統合に向けて、一般社団法人 国際環境蘇生基金 代表理事を務める。生物の最小単位である微生物の力と共に、主に水、そして土や森などの自然環境の蘇生活動に取り組んでいる。また衣・食・住環境、教育環境など蘇生活動範囲は多岐にわたる。事業のみではなく、帝王学とも言われた陽明学を学び、老荘思想、孔孟思想、易学、陰陽学、 さらには吹禅、剣術、茶道、書道、香道など武士道研鑽會世話役としても多くの日本文化に触れた。

様々な学び、実践の中で、「やり方」ばかりを追い求め、彷徨い続けた挙句、 「あり方」に秘された根本原理を伝える【古神道】【言霊学】に辿り着いた。

現在は、和の叡智を伝える為国際ロゴシスト協会副理事としても、講義活動、執筆活動をしている。

 

石原 政樹(いしはら まさき)

ロゴストロン株式会社 代表取締役

石原政樹

禅僧の祖父の影響で、子供の頃から禅や各種瞑想に親しむ。
高校時代に超越瞑想を学び、船井幸雄会長を知る。

学生時代にキャプテンを務めた剣道部の稽古の後、しばしば幽体離脱を体験。20代後半、10時間を超える。
瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。

その後、少林寺、少林武術、太極拳、古武術、気功、気導術、ヴィバッサナー、肥田式強健術等を学ぶ。
嵩山少林寺では14代館長釈永信館長より、動功の免許を拝受。

ビジネスと意識の統合を目指し、船井幸雄グループ(株)本物研究所に入社後、船井会長を通して七沢研究所代表七沢賢治に出会う。

2016年七沢研究所グループ ロゴストロン(株)代表取締役社長に就任。

古神道・言霊・ロゴストロン技術こそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを体感、現在その普及に尽力している。